「フード・アクション・ニッポン アワード2020」および「味の匠応援プロジェクト」の募集について

農林水産省による地域の農林水産物や食文化の魅力を活かした産品を発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポンアワード 2020」が開催されます。

(以下、プレスリリース資料より抜粋)

「フード・アクション・ニッポン アワード」は国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の産品を日本全国から広く募集し、優れた取組や産品を発掘・表彰しています。

今年度は、「日本の魅力ある産品を、今だからこそ知ってほしい」をテーマに、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の時代に根付く、新しい地域の逸品への出会いを消費者の皆さまにお届けします。

●応募主体
農林水産物の生産者、食品製造業者、加工事業者等
●対象産品
国産農林水産物の消費拡大に寄与する農林水産物及び加工食品等
(内容・具体例)
・一次生産物全般: 穀物類(米、麦、トウモロコシ、ソバ、大豆等)、野菜、果物、畜産(食肉、乳製品、鶏卵、蜂蜜等)、水産(魚介、海藻等)、その他一次生産物全般
・調味料(味噌、醤油、調味料関連製品他)
・加工食品(麺類、調理 冷凍食品、レトルトパウチ食品 、 珍味 他)
・ 菓子類 菓子 、 デザート 、 ヨーグルト 、 アイスクリーム 他
・飲料(アルコール含む)

また、新たな取り組み「味の匠応援プロジェクト」も同時開催。
「地域の人の誇りにつながる、新たなメニュー・産品の活用」をテーマに、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている、料理人と産地がワンチームとなって、地域の食材を活用した新たなメニュー・商品を開発する取組(アイデア)のご提案を広く応募。
本プロジェクトを通じて、地域と料理人がワンチームとなって新たな食の一歩を支援するとともに、地域と料理人に新たな気づきを与え、相互のパートナーシップ形成と、新たなビジネスチャンスを後押しします。

●応募対象
次の(a)から(d)に掲げる者の全部又は一部で構成されるグループとする。
ただし、グループには(d)料理人を必ず含めること。
(a)都道府県、市町村
(b)農林漁業者
(c)農林漁業者団体(JA等)、NPO法人、一般若しくは公益法人、民間団体
(d)料理人
●応募条件
以下の応募条件を必ず満たすこととする。
①グループには必ず料理人が含まれていること。
②グループに属する個人及び団体が、フード・アクション・ニッポンの推進パートナーであること。
推進パートナー未登録の場合はフード・アクション・ニッポン公式HP(https://syokuryo.maff.go.jp)よりご登録お願いいたします。
③審査を通過した場合、試作品の制作・オンライン表彰式への参加を含め、味の匠応援
プロジェクトに一貫して参加できること。
④ご提案いただいた新たなメニュー・商品開発の取組は、味の匠応援プロジェクト公式HPやその他メディア等での情報発信に際し、動画撮影、取材、写真素材・各種情報の提供に御同意いただくこと。
⑤WEB会議に参加できるシステム環境があること。

●募集期間:2020 年8 月24 日(月)~10 月5 日(月)

 

詳細は以下公式サイトよりご確認ください。

https://www.fanaward.jp/